アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

Bangkok Shopping Mall.

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】タイ大手企業のマーケティング戦略 を掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

【ASEAN】タイ大手企業のマーケティング戦略 はこちら

<掲載内容の抜粋>

成熟化するタイのパーソナルケア市場(3)

3月20日付のNNA記事「スキンケアのドゥーデイ、インドネと越開拓」(https://www.nna.jp/news/result/1882325)によると、「スネイルホワイト」ブランドのスキンケア製品を製造・販売するタイのドゥーデイドリームは今年、インドネシアとベトナムに代理店を設置する方針を明らかにした。同社は、インドネシアやベトナムのスキンケア市場の成長率が、タイより高いとみて拡販を急ぐという。

同記事によると、インドネシアでは年央にも代理店を指名し、販売を開始する見通し。ジャカルタなど大都市に注力し、反応が良ければ地方での販売も進める。ベトナムでは年央にパートナーの選定を本格化し、今年末までに契約を取り付ける。ベトナムのスキンケア市場は年10%以上のペースで拡大しており、現在100億バーツ(約352億円)規模。タイ市場の成長率は7%にとどまるという。インドネシアとベトナムの2カ国とも本格的に売り上げが発生するのは来年の見込みで、今年の輸出比率は前年並みの20~25%と予測。ドゥーデイは、2018年にフィリピンに子会社を設立するなど東南アジア事業を強化している。

この記事にあるように、タイのビューティー・パーソナルケア市場が成熟化するにつれて、現地の大手企業の中には、さらなる事業拡大の場を、今後の成長が見込める近隣国に見出すケースも散見されてきた。前回記事(リンク)で取り上げたタイのオーラルケア会社のTwin Lotusもそうした近隣諸国への事業拡大を行っている一例だ。

さて、今回のシリーズでは、健康・美容関連の中でも比較的生活に密着したパーソナルケア市場、特にスキンケア、オーラルケアセグメントでのタイにおけるトレンドや主要各社の攻防等を複数回に分けて見てきた。