アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

no_image

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】ホテル業界でのハノイとホーチミンの違いとはを掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】ホテル業界でのハノイとホーチミンの違いとは」はこちら

<掲載内容の抜粋>

過熱するASEANのホテル投資(3)

10月30日付のNNA記事「ノバランド、南部でエコ都市区開発を計画」(https://www.nna.jp/news/result/1829721)によると、ベトナムの不動産開発大手ノバランド・グループが、南部バリアブンタウ省でサファリパークと環境配慮型都市区の開発を計画しているという。

同記事によれば、サファリパークはスエンモック郡の面積500ヘクタール余りの用地に建設し、ウオーターパーク、リゾート、ホテル、商業施設を併設する。ホーチミン市に本社を置くアードン観光商業社(ビドツアー)と提携して開発する。

都市区はバリア市ロンフオン街区の国道51号線沿いの1,800ヘクタールを用地とし、水面400ヘクタール余りを含む。フランス、スペイン、ベネチア、モロッコ、ギリシャ、オランダなど7つの国・都市の景観を模倣した個別の7区域で構成する。計画はすでに省人民委員会から原則的に承認を受けており、ノバランドは基本計画案の年内完成を目指して作業を進めている。

省観光局によると、2018年上半期(1~6月)に同省を訪れた旅行者は約650万人に上るが、中~高級ホテル・リゾートが著しく不足しているという。