アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

no_image

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】業界最大手タイ・ユニオン・グループの事業転換策とは を掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】業界最大手タイ・ユニオン・グループの事業転換策とは」はこちら

<掲載内容の抜粋>

タイのツナ缶業界の曲がり角(5)

5月9日付NNA記事「水産タイ・ユニオン、バーツ高などで減収減益」(https://www.nna.jp/news/result/1759890)によると、タイの水産最大手タイ・ユニオン・グループ(TU)が発表した2018年度第1四半期(1~3月)の連結決算は、売上高が前年同期比5.5%減の297億300万バーツ(約1,000億円)、純利益が39.3%減の8億6,900万バーツだった。

この売上及び収益の下落の原因として、タイ証券取引所(SET)への報告によると、ツナなどの原材料価格下落を受けた価格調整による販売価格低下と、バーツ高が減収の主因。外国為替変動の影響を除外した場合でも2.8%の減収だった。純利益は、コスト管理強化や多額の為替差益などによって確保。純利益率は4.6%から2.9%に低下した。

同記事によれば、事業部門別の売り上げ比率は、ツナやサバ、イワシ、サーモン製品が47%、冷凍品やエビ関連製品が39%、ペットフードなどその他が14%。地域別では、米国が38.5%、欧州が31.7%、日本が5.0%、タイ国内が11.7%、その他が13.1%だった。

なお、この記事に記載されている同期の数値をもっと見ていくと、営業利益は前年同期比で、マイナス97.1%と大幅な減益となっている。季節変動制や年度によっての業績の振れ幅が大きいタイの水産業界ではあるが、この下がり方はかなり大きい。