アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

no_image

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】中堅ツナ缶業者の反撃策とは を掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】中堅ツナ缶業者の反撃策とは」はこちら

<掲載内容の抜粋>

タイ・ツナ缶業界の曲がり角(4)

6月1日付NNA記事「農家の4割は低所得者=中銀シンクタンク」(https://www.nna.jp/news/result/1769900)によると、タイ農家の4割が貧困ラインに設定された3万2,000バーツ(約10万8,600円)以下の年収であることが分かったという。

同記事によると、タイ中央銀行(BOT)傘下のシンクタンク、プエイ・ウンパコン経済研究機関(PIER)の調査では、2017年の農家の平均年収は5万7,032バーツで、政府が掲げる21年の年収目標6万バーツを下回っているという。農家の世帯構成は平均2.7人。農家の3割は1人当たりの平均年収を上回る債務を抱えている。債務の額は農家の10%が年収の3倍に上り、50%が年収の0.6倍だという。

農家の所得が上がりにくい原因の一つには、商品を差別化しにくいことが挙げられる。皆が皆同じような農作物を作って売る場合、自分の製品の差別化が難しく、従って価格競争に巻き込まれがちだ。

加えて農産物の多くが輸出市場に回る場合、その購買価格は世界の需給によって決定され、生産者である農家は価格決定力が弱い。例えば生産コストが増加したとしても、増加分を商品価格に転嫁しにくい構造にある。