アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

no_image

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】ベトナム医療は魅力的な投資機会か?(14)を掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】ベトナム医療は魅力的な投資機会か?(14)」はこちら

<掲載内容の抜粋>

2018年2月23日付NNA記事「アベジャ、国立大と人工知能分野で連携」(https://www.nna.jp/news/result/1729327)によると、ディープラーニング(深層学習)技術を活用した情報解析サービスを提供するアベジャ(東京都港区、ABEJA)のシンガポール法人アベジャ・シンガポールは、シンガポール国立大学(NUS)ビジネス・アナリティクス・センター(BAC)と人工知能(AI)分野での共同研究、人材育成で覚書を締結したという。

アベジャは昨年3月にシンガポールに進出し、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域で事業を展開。同9月には、NUSのビジネス・アナリティクス科学修士課程(MSBA)でディープラーニング技術のビジネス適用に関する講義を実施するなど、同大との協力関係を築いてきた。

同記事によれば、今回締結した覚書では、(1)シンガポールと日本でヘルスケア業界のビッグデータ解析について共同で研究開発(R&D)する、(2)MSBAの学生をアベジャでインターンとして受け入れる、(3)アベジャがディープラーニングに関する講座をMSBAに提供する――ことが取り決められた。

また、別の2018年2月23日付NNA記事「AIで眼科診療支援、慶大など後発地域視野」(https://www.nna.jp/news/result/1726235)によれば、慶應大医学部眼科教室と診エテック(東京都)、Q&Aサイト運営オウケイウェイヴ(同)の3者が、AIを使って目の病気を診断するスクリーニングプログラムの開発を始めたと発表している。