アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

Bangkok Shopping Mall.

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】競争が激化する中でのタイ現地プレーヤーの戦略とは を掲載

 

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】競争が激化する中でのタイ現地プレーヤーの戦略とは」はこちら

<掲載内容の抜粋>

成熟化するタイのパーソナルケア市場(2)

2018年12月7日付のNNA記事「米ダウケミカル、化粧品市場に注力」(https://www.nna.jp/news/result/1843363)によると、米化学大手ダウ・ケミカルは、タイの化粧品市場における旺盛な需要の取り込みに注力する方針を明らかにしたという。

ダウの担当者によると、同社は購買意欲の高いタイやインドネシアを東南アジアの有力市場と見ており、タイではデジタルプラットフォームを活用したマーケティングを展開していく方針だ。同社はタイで、化粧品関連の化学品や原料の製造は行っておらず、他社から調達している。

英調査会社ユーロモニターの調査では、2017年のタイのビューティー・パーソナルケア市場は高齢者の増加や会員制交流サイト(SNS)の流行などにより、前年比6.8%増の1,980億バーツ(約6,816億円)だった。

タイでは化粧品販売の形態が変化しており、これまでは単一ブランドを扱うカウンター販売が主流だったが、現在はマルチブランドを取り扱う独立店舗や、オンラインでの販売が増加傾向にある。

今回のシリーズでは、健康・美容関連の中でも比較的生活に密着したパーソナルケア市場、特にスキンケア、オーラルケアセグメントでのトレンドや主要各社の攻防等を複数回に分けて見ていきたい。