アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

no_image

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】コントロールされたシンガポールのホテル市場を掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】コントロールされたシンガポールのホテル市場」はこちら。

<掲載内容の抜粋>

過熱するASEANのホテル投資(5)

11月12日付のNNA記事「外国人旅行者数、4~6月は8%増」(https://www.nna.jp/news/result/1834766)によると、シンガポールの今年の第2四半期(4~6月)の外国人旅行者数は前年同期比8%増の460万人だったという。

政府観光局(STB)が発表した観光統計によると、第2四半期の観光収入は、前年同期比2%減の66億Sドル(約5,447億円)。内訳は、その他(シンガポールの航空会社の運賃や国内の移動費など)が20%増の17億8,300万Sドルで、2桁のプラスとなった。宿泊は6%増の14億8,200万Sドル。一方、買い物と飲食はそれぞれ22%減の12億6,400万Sドル、15%減の6億100万Sドルと大きく落ち込んだ。観光・娯楽・カジノは2%減の14億5,400万Sドルだった。

旅行者の国・地域別の支出額は、中国が24%増の9億8,800万Sドルで最大だった。買い物の割合が43%で最も高く、これに宿泊(26%)、その他(25%)、飲食(5%)が続いた。このほか2位のインドネシアが19%増の7億6,600万Sドル、3位のインドが18%増の5億6,600万Sドルと、上位3カ国・地域がいずれも2桁の伸びを記録した。4位はオーストラリア(4%増の2億9,800万Sドル)、5位は日本(9%増の2億2,800万Sドル)となっている。

第2四半期のホテル平均稼働率は85%で、前年同期から0.9ポイント上昇した。平均客室単価は2.0%上昇の214Sドル、客室1室当たり売上高(RevPAR)は3.1%上昇の181Sドルだった。平均客室単価では、エコノミーホテルが4.8%上昇の106Sドルで伸びが目立った。