アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

no_image

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】主要指標から見る東南アジアでのホテル投資状況を掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】主要指標から見る東南アジアでのホテル投資状況」はこちら

<掲載内容の抜粋>

過熱するASEANのホテル投資(2)

10月23日付のNNA記事「ファーイースト、セントーサにホテル3軒開業へ」(https://www.nna.jp/news/result/1826739)によると、シンガポールのホテル大手ファー・イースト・ホスピタリティーは18日、南部の観光地セントーサ島で来年新たに3軒のホテルを開業すると発表した。ファー・イースト・ホスピタリティーはシンガポールの不動産開発大手ファー・イースト・オーガニゼーションの傘下企業だ。

同記事によると、来年1~3月期には、「ビレッジホテル・アット・セントーサ」(全606室)と「ザ・アウトポストホテル」(全193室)を開業する。ビレッジホテルは家族連れやグループの利用をターゲットにした中価格帯の宿泊施設。ザ・アウトポストホテルは、「スタイリッシュな大人向け」をコンセプトとするファー・イーストの新ブランドで、単身・カップル向けのホテルとなる。

同7~9月期に開業する「ザ・バラックスホテル」は、英国植民地時代の歴史的な建物を利用した高級ホテル。客室は40室のみで、昔ながらの高級なサービスを提供していく。

シンガポールの中でも、セントーサ島は今年6月に行われたドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による史上初の米朝首脳会談の場所としても使用されたカペラホテルをはじめ高級ホテルが複数あるリゾート地だ。

このシリーズでは、ホテル投資が過熱する東南アジア諸国連合(ASEAN)の現況をテーマに記載する。ただ一言にASEANのホテル市場といっても、シンガポールのように客室単価が高いのになかなか空き部屋がない国もあれば、またその反対に価格も安くかつ予約も取りやすい国も存在する。今回はASEAN全体のホテル市場の相対感を理解するために、ホテル売り上げにおける主要指標を中心に、ASEAN域内での比較を行った。