アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

no_image

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】ツナ原材料のコスト上昇がリスクに を掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】ツナ原材料のコスト上昇がリスクに」はこちら

<掲載内容の抜粋>

タイ・ツナ缶業界の曲がり角(2)

創業40年を数えるタイのツナ缶最大手であるタイ・ユニオン・グループ(TU)。タイをはじめ世界各国に17か所の製造拠点を持ち、15の自社ブランドを抱える世界最大のツナ缶製造会社でもある。

2月22日付NNA記事「水産タイユニオン、17年は過去最高益」(https://www.nna.jp/news/result/1728685)によれば、2017年12月期連結決算は、純利益が前年比14.6%増の60億2,100万バーツ(約205億7,000万円)となり、最高益を記録した。カツオ相場の高騰やバーツ高の影響を受けたが、為替差益や投資収益の増加、節税策の奏功などで2桁増益となった。

同記事によれば、「売上高は1.6%増の1,365億3,500万バーツ。バーツ高で小幅な増収にとどまったが、史上最高を更新した。米ドル建ての売上高は3.9%増だった」とある。

好調に見えるタイユニオンの業績だが、彼らは原料価格の長期的上昇と、価格変動の拡大というリスクにさらされている。

成長の曲がり角に直面しているタイのツナ缶業界で、何が起こっているのか、前回の「タイのツナ缶業界の曲がり角(1)」(https://www.nna.jp/news/show/1765754)では、国際社会からの強制労働に対する批判と人件費の高騰を取り上げた。今回は、もう一つの主要なコスト要因である原料調達費のリスクを見ていく。