アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

no_image

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】ツナ缶大国・タイ、人件費高騰のワケを掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】ツナ缶大国・タイ、人件費高騰のワケ」はこちら

<掲載内容の抜粋>

タイ・ツナ缶業界の曲がり角(1)

「我々は、従業員の権利を尊重します」―ドアを開けておもむろに飛び込んできたのは、どこかの労働組合の本部かとも思うような標語。タイのツナ缶業界の業界団体である、タイツナ産業協会(Thai Tuna Industry Association)の本部の壁に高々と掲げられたこの言葉こそが、現在タイのツナ缶業界が直面している苦境の一つを物語っている。

世界最大のツナ缶生産国で鳴らしたタイも、人件費の高まり、原料となる魚の調達価格の上昇、バーツ高といった複合的な要素から、成長率が鈍化している。

2017年7月6日付NNA記事、「ツナ缶輸出が目標下回る見通し、バーツ高で」(https://www.nna.jp/news/result/1631425)によれば、対米ドルでバーツ高が進んだことから、同年のツナ缶の輸出額が目標の800億バーツ(約2,660億円)を下回るとの見通しを伝えている。

成長の曲がり角に直面しているタイのツナ缶業界で、何が起こっているのか、また現地の大手企業はどのように対応を取ろうとしているのか。タイのツナ缶製造が直面する問題は、タイの他の産業にも共通する課題として存在する。今回のシリーズ「タイのツナ缶業界の曲がり角」ではその実態を取り上げるとともに、そこから見えてくる日本企業の機会も考えていきたい。