アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

no_image

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】ベトナム医療は魅力的な投資機会か?(15)を掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】ベトナム医療は魅力的な投資機会か?(15)」はこちら

<掲載内容の抜粋>

2018年3月23日付NNA記事「製薬大手4社、2桁増益狙う 市場拡大受け18年も強気目標」(https://www.nna.jp/news/result/1740862)によると、ホーチミン証券取引所(HOSE)上場の医薬品メーカー4社による2018年の業績見通しは、市場の拡大を追い風にいずれも20%前後の増益を見込んでいるという。同記事によると、ベトナムの1人当たりの医薬品支出は25年には17年比で3倍弱の年163米ドル(約1万7,000円)に達するとされ、年齢構成の変化などを背景に今後は生活習慣病の医薬品などのニーズも高まるとみられる。

拡大する市場を追い風に医薬品各社は強気の業績目標を立てている。業界最大手のハウザン製薬(DHG)は昨年、税引き後利益が前年比1割減の6,400億ドン(2,800万米ドル)だったが、今年は2割増益の7,700億ドンを目指す。ドアン・ディン・ズイ・クオン社長代行は、「競争力ある新商品開発への投資を続ける。先端技術を使った商品を生み出せるよう海外の研究所とも協力する」と説明する。DHGは16年7月、大正製薬ホールディングスとの資本業務提携を結んでおり、提携3年目を迎える今年は協業の効果が期待される。

大手各社の強気の業績目標の背景に、医薬品市場の拡大がある。調査会社ベトナム・リポート社によれば、17年の国内市場は前年を52億米ドルで前年を10%上回った。今後5年は2桁ペースで伸びるとみられる。また1人当たりの平均医薬品支出も05年の9.85米ドルから17年に56米ドルに達した。今後も25年までは年平均14%以上のスピード成長が見込まれる。

保健省によれば、高血圧の患者数は人口の1割を上回る最大1,200万人に上る。また糖尿病患者は16年時点で人口の5.4%に相当する400万人を超え、過去10年間で倍増している。