アジア戦略アドバイザリー

買収を真剣にお考えの方へ M&A案件一覧

TOPICS

no_image

【メディア掲載】共同通信系メディアのNNAにて、【ASEAN】ベトナム医療は魅力的な投資機会か?(6)を掲載

弊社代表杉田浩一による共同通信系メディアのNNAのWEB特集「経済ニュースから見るASEAN」連載が掲載されました。

NNAの掲載記事「【ASEAN】ベトナム医療は魅力的な投資機会か?(6)」はこちら

<掲載内容の抜粋>

今週の10日からベトナムの中部の中核都市であるダナンで、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会談が開催される。風光明媚な海岸線を備え、ベトナム屈指の観光都市でもあるダナンは、国を挙げての一大イベントの開催に向けて、新たな国際線用ターミナルの建設をはじめインフラ整備を急ピッチで進めてきた。そうしたインフラの準備には、国際レベルの病院設立も含まれている。

9月29日付のNNA記事「ビンメック総合病院、ダナン市で開院」(https://www.nna.jp/news/result/1668401)によると、ベトナム中部ダナン市で9月27日、同市で最大規模の民間病院「ビンメック・ダナン国際総合病院」が開院した。ベトナム投資グループ(ビングループ)が1兆2,000億ドン(5,280万米ドル、約59億6,110万円)余りを投じて建設した。

同記事によると、「ビンメック・ダナン国際総合病院は9階建てで、病床数は222床。MRI(磁気共鳴画像装置)やCT(コンピューター断層撮影)など最新の医療機器を備える」

ビングループは、「ビンメック」の名称で総合病院を各地に展開しており、ビンメック・ダナン国際総合病院は、ハノイ、南部キエンザン省フーコック島、ホーチミン市、中南部カインホア省ニャチャン市、北部クアンニン省ハロン市に次いで6カ所目の総合病院となる。

このシリーズでは、「ベトナム医療は魅力的な投資機会か?」と題して、ベトナムにおける医療環境を見ながら、日本企業にとっての事業機会としての可能性とリスクを検証している。

前回記事(https://www.nna.jp/news/show/1675638)では、ベトナムにおける公立病院に対する評判の高さの原因の一つとして、公立病院の医師のレベルの高さと、それをもたらす公立病院の医師ならではのメリットについて説明した。

今回は、このような公立病院優位のベトナムにおいて、上記記事に取り上げられたビンメック・ダナン国際総合病院の設立の背景を見ながら、現地の有力な私立病院がどのように評判向上に努めているかを説明したい。